「泥や岩の中の有機物の世界~”宝物”をさがして」

第9回SeedBank NOM開催のお知らせ

泥や岩の中の有機物の世界~”宝物”をさがして~

生物がつくりだす有機物は,生命が誕生してから今まで深々と海や湖の底に降り積もりつづけています。そうして溜まった有機物は,泥が岩にかわってしまうほど長い時間を経ても,様々なかたちで保存されています。近年,急激な気候変動による人間活動や生態系への影響が懸念されており,将来予測の重要性が増してきました。今回は,私たちが行なってきた過去や未来を知るための”宝物”をさがす研究について紹介します。

話題提供:安藤 卓人

略歴:北海道大学理学部卒。同大学大学院・理学院で2016年に博士号(理学)取得後,学術研究員。2017年より同大学・北極域研究センターにて,北極域研究推進プロジェクト(ArCS)の研究員として勤務。2020年2月より,現職の島根大学エスチュアリー研究センター・特任助教

時間:2020年3月28日(土)

会場:楽友会館

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/rakuyu

時間:14:30 開場

15:00 講演開始

17:00頃 懇親会開始(場所未定)

COVID-19の影響により,残念ですが3月28日(土)開催予定のSeedBank NOMは中止といたします.次回のSeedBank NOMについては状況が改善され次第,HPでご案内いたします.皆様方のご理解をお願いいたします